note

note

【note更新】地域でリハビリテーションするのが「あたりまえ」の時代に生き残るために考えるべきこと

経験25年ある作業療法士だからと言って今の状態と同じままでは、これからの生き残りは厳しいだろうなってことだ。
だから、地域リハビリテーションの現場で10年後もトップレベルの作業療法士として働くためには、生き残るための戦略が必要なんだ。