「稼ぐ」 で検索されている

「作業療法士 稼ぐ」とか「理学療法士 稼ぐ」というキーワードで検索してこのサイトにたどり着いている人がいます。はっきり言いましょう、作業療法士や理学療法士、言語聴覚士の常勤勤務では、普通のレベルの療法士は1000万円は稼げませんよ。

※2018年1月14日追記

そういったキーワードで検索すると 作業療法士で1千万稼げるか? という記事にたどり着けます。やりようによっては1千万稼げますので興味ある方はお読みください。

普通のセラピストでは1千万稼げません

2018年1月現在の、このご時世、景気もあまり良くなくて、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の養成校や大学もたくさん増えてきたので若いセラピストも多くいる現在、通常の勤務をしていても1千万円稼げるセラピストになるのは困難です。

45歳、臨床23年目でも600万くらい

2018年現在で50歳の私の過去5年間の平均年収は600万円くらい。

非常勤掛け持ちの作業療法士です。

2018年1月に個人事業主としての開業届を出しました。

個人事業主で開業

「稼ぎたい」って言う若い人は多い

学生さんに聞いてもたくさんお給料欲しい人は多いようです。

臨床27年目で年収600万円って言うとがっかりする学生さんもいます。この600万円って多いのか少ないのかっていう基準ですが、たぶん多いと思います。

養成校の教員だと同じ経験年数の場合、もう少し多い方が多いようですが、普通の臨床をやっている理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などではこの年収だとちょっといい部類に入るのではないでしょうか?

まあ、個人的にいろいろ同業者に聞いた内容をもとに判断していますので、もっと正確な数字をみたい方は協会の白書なんかも読んでくださいね。

年収に見合った生活をすべき

稼ぎたいのやまやまですが、なかなか稼ぐことって難しいって言うのが49歳の率直な考えです。稼ぐ努力をするのは大事ですが、なかなか稼げない場合は、自分の生活スタイルを稼ぎに見合ったものにして、落ち着いて生活するほうがよっぽど健康的です。

それでも、もっと稼ぎたい人は副業すべき

副業を認めている病院なども少しづつ増えているようです。私も 具体的な収益の変化はこちらに書きました。

2016年ブログを書いて稼いだ収益はこんな感じ

で書いているように、ネットを利用して稼ぐことを模索しています。

ブログなどをやっている人なら広告を掲載することで、もしかしたら稼げるかもしれませんね。興味ある方は登録は無料で簡単なので、検討されてみてはいかがですか?怪しいサイトではありませんよ。この業界のサイトでは定番のサイトです。

約130万サイトが利用しているA8.net


いろんなブログを読んでいると、これだけで月100万円とか稼いでいる方もいるようですが、そんなに甘い世界ではありません。

それでも、いつかは大きく稼げないかと日々努力をしています。

ネットやサイトの運営というのは、自分で時間をつくって自宅でそんなに費用もかげずに、稼ぐことが可能なジャンルです。興味のある方はトライしてみてはいかがですか?

興味あればどうぞ!どなたでも登録できますし、登録は無料です。
もしかすれば稼げる鴨居しれませんよ

A8.netの申し込みページはこちら


新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です