訪問あるある1 ここって実は大企業かも?

訪問看護やの訪問リハビリ、エリアが決まっている訪問業務や外回り営業なんかの仕事をしていると「あー、それってあるある」っていうようなできごとに出くわすこともありますよね。そんな「訪問あるある」を書いてみます。今回は、いつもバイクで前を通っているあの会社、実は大企業かも?って言うことを書いてみました。

訪問ルートにあるけっこう大きな建物

吹田をベースにしている事業所での訪問エリアで見かけたのがKANOMAXって言う会社。

看板や外見からはなんの会社かまったくわかりません。道路に面した建物はなかなか大きい。

ちょっと気になるこんな会社とか工場って訪問業務していると、どきどきありますよね。いつも前を通るけどいったいなんの会社やねん?

でも訪問先に行かないといけないから、気にはなるけどそのままに謎となってませんか?

で、調べてみましたよKANOMAXさん
正確には、日本カノマックス株式会社でした。

調べてビックリ

海外にも展開している大企業。

流量計とか風速計なんかの精密計測機器を作っている会社のようですね。

しかも海外にも会社があるって、大企業や。

いやあ、あるもんですね仕事の範囲に大企業が。

皆さんのエリアにも何かあるかもしれませんよ。お暇なときに調べてみてはいかがですか?

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です