訪問あるある3「叫ぶ、呟く、歌う、それとも・・・」

訪問看護や訪問リハビリは「移動」する事も仕事の一つ。車、バイク、自転車、徒歩等々いろんな手段で移動しますよね。僕は小型バイクで移動するのが多いかな。そんな移動中、だまーって移動していますか?車ならラジオとか音楽聞いていますか?バイクの人は音楽聞いたりできないので、歌ったりしてるのかな?
そんなことを書いてみました。


(スポンサー広告)

移動中何してる?

バイク移動の方は音楽聞いたりできないですよね、でも自転車に乗って移動するのに比べると結構歌ったり叫んだりしている人はいるんじゃあないかな?

僕はけっこう叫んだりしています。

すれすれを車が追い越して行ったら「危ないやんけー」

危険走行する車を見かけたら「おいおい」

ヘルメットの中では結構大声出したりしているかな。声が大きすぎて窓全開の車に聞こえたこともあるようで

危ない追い越しをしてきた車に「なにすんねーーーん!」と叫んだところ、追い越した車のブレーキランプが点灯して速度を落としてきたので、「聞こえてたんか?」って思ったので、別車線に移動して紛れ込んで逃げました。

脳内Song

朝ラジオやテレビで聞いた曲が頭の中でリピートしていたり、えっらい古い曲が突然閃いて口ずさんでいたりするってことも多いかな。

バイクでは運転しながらもいろんなことが頭の中をよぎったりするんですよね。

昨日はデビルマンの曲が脳内でリピートされていました。

デビルマンっていったいいつの時代やねーんって感じですよね。

景色も楽しいよね

季節を感じるのも「訪問で移動」する事の醍醐味の一つですよね。

訪問業界に転職して間もないころや、新規の人が多い時は次行く利用者さんのことで頭が一杯やったりしますが、今ではそんなことよりも景色を楽しむ余裕が出てきました。

春や秋は特にいい感じですよね。楽しい!

皆さんは移動中何してますか?

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です