作業療法士で1千万稼げるか?

作業療法士に限りませんが、理学療法士・言語聴覚士などのいわゆるセラピストとして1千万稼げるかどうか考えたことはありますか? 私は時々考えます。そんなことを書いてみました。


(スポンサー広告)

普通では稼げません

普通に病院勤務だけで1千万円を稼ぐことは難しい時代ですよね。理学療法士や作業療法士も数が増えてきましたしねえ。作業療法士として、2014年目で24年目のシーズンを迎える私の年収も1千万には遠くおよびません。

臨床経験が25年以上のセラピストで病院など常勤の勤務先が1ヵ所で、そこの給料だけで年収が1000万のセラピストも知っていますが、それはものすごく少数派です。私が知っている範囲でもあまり見かけません。

掛け持ちで稼ぎまくる

私の知り合いの方はかつて1千万円を作業療法士として稼ぎ出したと言っています。本人から直接聞きました。

その方は病院勤務をやめて今は開業されているのですが、開業されてから1千万を稼いだわけではないそうです。

勤務していた病院を退職されてから、あちこちから非常勤で声がかかるままあちこち掛け持ちして、1年365日ほとんど休まずに1年間働いたところ、ようやく1千万稼げたそうです。しかし、365日ほぼ休みなしだって言ってましたね。「こんな生活続けたら、体を壊す」と思ってそれ以降は非常勤の数を減らしたそうです。

そこまでして働かないと、セラピストが1000万円を稼ぐのは難しいのです。

2015年2月現在で、3か所の訪問看護ステーションを掛け持ち勤務している私でさえ、年収1000万円なんて遥か遠い存在です。

楽して稼ぐことは難しいんですよ

そうですよね、稼ぎより体のほうが大事ですよね。私は体を壊さずに稼げないかと考えています。研修会での講師活動は「体」をはっていますので数を増やすのは難しいんですよね。体を張らずに作業療法士として稼ぐ、意外と難しいもんです。

理学療法士でも言語聴覚士でもきっと同じでしょう。 昨年からは、ネットで稼げないかと思いいろいろ勉強しています。その一つがこちらの矢印メールフォーム作成事業 小さな研修会や勉強会の申込みフォームの作成代行ですね。いまだ利用件数は「0」です。

2013年に入ってからはホームページやブログをを利用した「アフェリエイト」や「広告表示」で稼ぐこと。色々な紹介記事をブログで書く努力をしています。稼ぐ人はこれだけでものすごい稼いではるようです。私も工夫して何とか1千万稼ぎだせるよう努力してみます。


(スポンサー広告)

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です