【マジですか?】訪問看護ステーションからのリハビリに指導?

昨日、ネットで知りました。重要なのかどうなのかはわからない。すでにどこかから回答出ているのかも知れない。だけど一応のせておく。

大阪市の介護事業者等集団指導関係資料

これって本当にこの指導を行うってことなのかな?
資料に入ってるからねえ。

でも集団指導は平成27年の6月にあったんですよ。この資料はそんなに問題になったものなのかな?

資料の出どころはこちらです。
⇒⇒平成27年度 介護事業者等集団指導関係資料

この中にある【DVDでの受講】ってところの
【2-1 居宅編(1-20) (pdf, 701.30KB)】っていう資料のところに書かれているのが下記のスライド

h27大阪市集団指導資料2kyotaku(1-20) リハビリ

ずーっと以前に訪問看護ステーションからのリハビリの回数制限の問題があったんだけど、それはなくなったはずなんですよね。
これって大阪市だけが独自の指導をするってことなのかな?

大事かもしれない情報なのでいちおう書いてみましたが、私はこれに関して専門家ではありませんので、質問は受け付けません。

【追記】
口頭指導ではなくて、DVD資料のみに書かれているようです。

資料としては今でもこのことが明記されているってことなのかな?

不安をあおるためにこの投稿を書いているわけではありません。このような事実があるっていうことを伝えているだけです。

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です