【note】介護保険のリハビリ系事業所として生き残るために考えていること

note更新です。

介護保険でリハビリテーションサービスを提供している事業所としては
訪問リハビリテーション事業所
訪問看護ステーション
通所リハビリ
通所介護
老人保健施設

ってところかな。

現在はフリーランスで非常勤掛け持ちで働いていますが、今のメインは訪問看護ステーションでのお仕事。
過去には老人保健施設で7年働いた経験もあります。

そんな立場から、介護保険下のリハビリ系事業所が生き残るためにした方がいいんじゃあないかなってことを書いてみた。

  • 10年後のイメージ
  • 今すぐ!すべきこと
  • 管理業務ができるセラピストの育成
  • 新卒セラピストの育成システムの構築

なんてことを書いています。
気になる方はこちらからご覧ください。
⇒⇒介護保険のリハビリ系事業所として生き残るために考えていること

やまだリハビリテーション研究所のnoteはこちら
⇒⇒やまだリハビリテーション研究所のnote
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です