【note更新】リハビリ系訪問看護ステーションのこれからを考える【2016年3月 記】

note記事を更新しました。

訪問リハビリ 「ステーションからの訪問」と「病院からの訪問」 どっちがどうなん?っていう記事の続編として書きました。

前回は、訪問看護ステーションからの訪問リハビリと、病院や診療所の訪問リハビリテーション事業所からの訪問リハビリでは、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士としてはどっちがいいのかってことに論点を置いていました。

今回は、看護師よりもセラピストの数の方が多いリハビリ系訪問看護ステーションが生き残るにはどうすればよいのかってことを書いています。

加算も取れず、点数も改訂のたびに下がっている訪問看護ステーションからのリハビリ。

このままでは厳しい状況になるのは目に見えています。

そんな当たりのことを書いてみた。
⇒⇒リハビリ系訪問看護ステーションのこれからを考える【2016年3月 記】
  
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です