【note更新】「もうちょっと先の収益を上げることを考える「ブランディング戦略」1」

3月18日時点で16人の方がお買い上げいただいているマガジン
「2018年同時改定に向けてリハビリ専門職がすべきこと」にコラムを追加しました。

今回はブランディング戦略について僕の考えていることを書いています。

ブランディングを知らないセラピストもいるでしょうし、知ってはいても

「そんなことを意識するのは事務長とか施設長」

って考えている人もいるでしょう。

だけどね、ブランディング戦略として実際に動いたり、広告塔になるのは現場スタッフなんですよ。

だからそのことを意識した教育とか業務の中身を考えないといけないんですよ。

「もうちょっと先の収益を上げることを考える「ブランディング戦略」1」
⇒⇒https://note.mu/yamada_ot/n/n4731ebf0d58c

コラム更新情報はFacebookページで発信
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

新しい「学びの形」を提供しています。
https://note.mu/yamada_ot
  
  

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です