「デイサービス 作業療法士 仕事内容 一人職場 不安」で検索した方へ

検索して僕のブログにたどり着く人も多い。しばらく検索されている用語をヒントにコラムを書いてみる。
今回はタイトル通りの検索でこのサイトを訪れた方がいるので書いてみる。まあ、その人にこのコラムが届くのかどうかはわからないけどね。


(スポンサー広告)

何が不安なのか?

新人さんとか転職するセラピストの不安はいっぱいありそうですね。

今回のタイトルを検索した人は

  • 1人職場
  • デイサービスの仕事

どちらが不安なのかな?両方とも心配というか不安なのかもしれません。

いくつかの解決策があるけど、新人さんなのか経験者なのかによっても違うからね。

まあ思いつくことを書いていきますね。

デイサービスが不安

デイサービスが不安っていうのは、デイサービスがどんな所かわからないって不安なんでしょうね。

これはもう、いろんなところのデイサービスを見学したり養成校のツテとかを使ってあちこちのデイサービスの情報を集める方が安心できるんじゃあないかな。

デイサービスっていろんなスタイルがあって、短時間のところと1日サービス提供のところ、お風呂があったりなかったり、リハビリテーション専門職がいたりいなかったり、する。

だから見たり聞いたりしないと、自分の事業所がどうなのかってことはわからないと思うよ。

1人職場が不安

研修会とか行って知り合いのセラピストや多職種を見つけることですよね。

僕はフリーランスで、非常勤職場の掛け持ちで生活していますが、1人職場に不安は全くありません。

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士は1人職場が不安だっていう若手のセラピストは多い。

でもね、これを解消するには知り合いを増やさないといけない。

いろんなところに出かけていって、知り合い増やして、一緒にご飯食べたり飲んだりして、信頼できる人や相談できる人、同じような立場の人を見つけていくしか不安は解消できない。

じっとしていても変わらない。

新人だから不安

新人はみんな不安なんですよ。

っていう記事でも書いたけど、地域でも新卒で働き始めている人はいます。

そうして成長している人もいるんです。

不安はいっぱいあると思うけど、もがいてもがいて考えて考えて行動するしかないと思う。

新しい学びの形を始めました
https://note.mu/yamada_ot/n/ne4ccc3fe7281

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと
  
  

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です