触らなくてもリハビリテーションは実践できる!

このブログにも書いたことですが、何でもかんでも触って動かせばよくなるってわけではありません。

2015年の介護報酬の改定では活動と参加がクローズアップされているわけですが、それは地域リハビリでの話。

地域リハビリテーションの入り口である病院のリハビリがしっかりと活動と参加のことに関わっていなければおかしなことになる。

患者さんも突然活動と参加が大事なんですよって、老健とか訪問とか通所のリハビリテーション専門職に言われても

なんのこっちゃ?リハビリは体動かしてくれたらえーねん

ってことになっちゃう。

そうならないためには

病院でもしっかり「触らないリハビリ」

を実践する必要があるってことをnoteサイトに書いてみた。

触らなくてもリハビリテーションは実践できる!
  
  

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です