卒業できる訪問リハビリと卒業できない訪問リハビリ

通所リハビリや訪問リハビリは、2018年の同時買い手に向けて積極的な卒業が課題になるってことをこのブログでも書いています。

だからといって、何でもかんでも回数とか期間を決めて卒業させようなんて思ってはいません。

必要な人に必要なサービを必要な期間提供するってことが必要なだけで、事業所の都合でカットしようとか思っていません。

養成校で地域リハビリテーションのことを話していると、そんな質問が出てきたので、noteサイトに書いてみた。

どんなケースが卒業できるのかってことを考えてみました。

https://note.mu/yamada_ot/n/n65b0bf5d75e5

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です