「普通」でいいんだ。たぶんみんな勘違いしている!

僕は普通のセラピストがもっと地域に出てきてくれたらいいと思っている。

だけど、病院で働いている多くのセラピストは何か勘違いしてそうだ。

病院と地域では求められることや、実践すべき内容は若干異なる。

だけど、セラピスト、リハビリテーション専門職としての基本的な部分は共通している。

だから、普通のセラピストがもっとたくさん地域に出てきてくれたら地域の状態はもっと良くなる。

そんなことをnoteサイトに書いてみた。
https://note.mu/yamada_ot/n/n2c0690dd5d3f
  
  
 

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です