「良くしたい」「自分が1番関わっている」だから連携が進まない

ホントに連携って進まないよなあ・・・
とにかく

  • 自分が一番よくわかってる・・・
  • 自分が一番関わっている・・・
  • 自分が・・・・

そんな奴が多すぎるんだな。

これってホントに勘違いなんだよね。

リハビリテーションを実践する職種に制限はありません。保険点数を請求することに対して職種は指定されているけれど、患者さんの状態を改善することがリハビリテーションであるって考えたら、多くの職種がその過程に関わることになる。

だけど理学療法士とか作業療法士とか、言語聴覚士でそのことに気づいている人は少数派なのかな?

それとも気づいていない人の方が大きな態度をとっているのかな?

とにかく連携ができないことが多い。

そんなことをnoteに書いてみた。
https://note.mu/yamada_ot/n/n878b9d9892a4

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です