情報の鮮度とか発信元とかシェアの話

まったくの個人的見解です。特定の個人とか団体を非難しているわけではありません。ただ、まあ注意しておいたほうがいいんじゃあないかなってことによく遭遇するので書いておきます。


(スポンサー広告)

情報の鮮度とか元ネタとかのこと

このブログでは、診療報酬改定や介護報酬改定について取り上げていますが、その情報の発信元や情報の更新については常に注意を払っています。

  • どこが情報源なのか
  • いつの時点の情報なのか

ってことはなるべく明記しています。

改定情報に関しては、その時期によって新しい情報がどんどん出てくるし、未定の情報なのか確定の情報なのかによって読者の方に与える影響も大きいのでなるべくわかる範囲で記載しています。

また、情報の「鮮度」というか「新しさ」みたいなものにも気をつけています。

経時的に情報を見る必要がある時には古い情報やデータも引用しますが、同じ内容であればなるべくブログを書いている時点での新しい情報やデータを引用することにしています。

古いデータには意味がないことも記事の内容によってはありえるからです。

シェアのこと

TwitterとかFacebookを運用しています。

できればシェアされるといいなって思いながら日々更新しています。

基本的に僕がシェアするときには、その情報を読んでからシェアするようにしています。

  • 親しい人がシェアしたから僕もシェア
  • あそこのサイトの情報はとりあえず何でもシェア

みたいな感じのことはやっていません。ほんとに「いいな」って思ったものをシェアしています。

そのあたりの基準は人それぞれ個性があると思うので、まあいいんじゃあないかとは思っています。

だけどねえ

  • 「おそらく読んでいないだろうな!」
  • 「こんな記事シェアしちゃったら、信頼度が下がるのに・・・」
  • 「こんな古い記事いまシェアする意味あるの?・・・」

なんてことに遭遇します。

権威あるサイト、人気のあるサイトに公開されていることが常に正しいとは思いません。

シェアの基準とかは人それぞれだとはいえ、シェアすることでその人の値打ちが下がることもあると思うんですよね。

それと、ブログやホームページに書いてあることが何でも本当だとも思いません。

誰が書いてるのかすらわからない。

だから僕は信頼しているサイト以外はあまりシェアしない。

そんなことを考えたことはありますか?

ってことを考えながら今日もブログを更新しています。

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です