【地域リハビリ】対等な連携なんてないよ

みんなの意見が一致して、同じ方向を向いて支援する。

理想だと思う。それを目指したいけど、現実はなかなか難しい。

お互いが対等だと思うことはあまりない。

職種の違い、異なる事業所同士のお付き合い、ケアマネジャーさんのキャラクターや考え方、そうしてリハビリテーション専門職にもいろんな奴がいる。

だからなかなか、多事業所連携は進まない。

リハビリテーション専門職のマネージメントっていうのも難しい。

だからといって、連携することを諦めたらアカンのです。

そんなことを、noteサイトに書いてみました。

対等な連携なんてないよ

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です