【子供のリハビリ】まさかの「く」の衝撃

「ひらがな」を読む練習をしている子供さんがいます。お話はできてコミュニケーションは問題ない。だけど、平仮名を読めないんですよね。

いろいろ練習したり課題に取り組んでいるんだけど変化がない。

だからといって、読字障害とかって簡単に判断できない。

諦めちゃうわけにはいかない。最終的に読字障害と判断したら、そのために必要な支援とかサポートを考えるようにします。

だけど、その判断ができるまでは、本人にストレスにならないように配慮しつつ「読める」ための取り組みを続ける必要があると考えています。

そんな、「ひらがな」を読む練習に取り組んでいる子供さんへの実践についてちょっと書いてみた。

【子供のリハビリ】まさかの「く」の衝撃
  
  
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です