【子供のリハビリ】自宅で実践してほしいことを伝えるときに大切なこと

大人のリハビリテーションでも子どものリハビリテーションでも、自主トレとかホームエクササイズを指導する。コミュニケーションやADLがままならない小児領域の対象者の場合は、主としてお母さんに指導することになる。

だけどこれがなかなか難しい。

  • ○○してくださいね。
  • これはやらないでくださいね。

こんな指導方法では、正しくお母さんに伝えることはできない。

お母さんに伝えられなければ、効果的なホームエクササイズを自宅で行うことができなくなってしまう。

さらには、あまり効果のない誤った方法のホームエクササイズを自宅でやってしまっているなんてことになるかもしれない。

そうならないためにどんなことに配慮して、お母さんに伝えるべきかということをnoteサイトに書いてみました。
【子供のリハビリ】自宅で実践してほしいことを伝えるときに大切なこと
  
  
2025年に向けてのリハ職の指針を書いています。
やまだstyle vol.4 2025年に向けてすべきこと1
  
  
 

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です