訪問リハステーションについての私的なご意見

全くの私見だ。

僕のサイトに僕が何を書こうと自由だから書いてみた。

個人的には、訪問リハステーションという形態は必要ないと思っている。その実現に向けて行動されている人たちを非難するつもりは全くない。

僕的には、老人保健施設のような多サービスを展開することのできる事業所が、リハビリテーションを中心として地域に浸透していくほうが、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の能力を発揮できると考えている。

訪問リハビリだけでは地域の中で提供できるサービスとしての価値は低い。他のサービスとの連携が必須なものなので、その連携をスムースに行うためにも老人保健施設が地域の中では頑張ってほしい。

そんなことをnoteサイトに書いてみました。
訪問リハステーションについての私的なご意見

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です