「リハビリ人生」ありかも!

リハビリ人生って聞いてどんなイメージを持ちますか?

リハビリテーション専門職の人なら、あまり良いイメージを持たないのではないでしょうか?

リハビリテーションに固執するような患者さんを生み出してしまっているかのようなイメージ持たれたりすることが多いかな?

患者さんが一生懸命リハビリテーションをすることは悪いことではありません。だけど、その方向性とか目的を堂のようにとらえるのかってことも重要。

活動と参加

これがクローズアップというか、注目されてきたわけだけど、それとともに僕の中では

「リハビリ人生ありかも!」

っていう想いが生じるようになりました。

僕たちリハビリテーション専門職は「活動と参加に」直接的に介入することで、よりポジティブな意味でのリハビリ人生を患者さんに提供できるかもしれない。

そんなことをnoteサイトに書いてみました。
「リハビリ人生」ありかも!
  
  
2018年同時改定が不安な方はこちらもどうぞ!
2018年同時改定に向けてリハビリ専門職がすべきこと
  
  
 

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です