2025年問題と地域包括ケアシステムに対してリハ専門職がすべきこと

2017年に講演依頼を受けることがあるなら、こんな感じのテーマでやってみたい。

本家サイトにもそんなことを書いています。
やまだリハビリテーション研究所

2015年の介護報酬改定、2016年の診療報酬の改定があったんだけど、リハビリテーション業界はあまり大きく変化したようには思えない。

リハマネ加算2や生活行為向上リハビリテーション実施加算の算定数は低い。

病院リハビリテーションはまだまだ「活動と参加への取り組み」が不十分っぽい。

ブログにいろいろ書いたり、noteサイトでもいろいろ書いている。
マガジン「2018年同時改定に向けてリハビリ専門職がすべきこと」

やまだstyle vol.4 2025年に向けてすべきこと1

いろいろ書いているけど、なかなか浸透しないもんですよね。

2016年は「2018年同時改定に向けてすべきこと」みたいなテーマで研修会のご依頼が多かったわけですが、リハビリテーション業界の変化の対応のゆっくりさを考えると、もっと長いスパンで、リハビリテーション専門職に伝えていかないといけないんだなってことです。2017年2月の今の時点で、2018年のことを話しても間に合わないってことです。

2025年に向けて地域包括ケアシステムにおけるとリハビリテーション専門職の役割

今作っている研修会の資料で伝えたいことはこんな感じだ。

  • 触らないリハビリテーション
  • 活動と参加を意識したリハビリテーション
  • リハビリテーションからの卒業
  • 多事業所連携によって高齢者が循環するシステムの構築
  • ポジティブなリハビリ人生の構築

それぞれの地域でこんな展開ができるように、2025年に向けて動く必要があると考えています。
 

皆様からのご依頼をお待ちしています。
講演依頼のこと

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です