通所や訪問リハビリからの卒業に向けた課題と私的な意見(2)「卒業すると収益が減る」問題

訪問リハビリや通所リハビリからの卒業が難しい理由について書いていますが、2つ目は「卒業すると収益が減る」問題です。

主に事務方や施設長さんあたりからのご意見として、現場で悩むリハビリテーション専門職がいるようです。

まあ、たしかに利用者さんが卒業すれば一時的には収益が減るでしょう。

だけど、そんなことを言っている事業所はけっきょく

うちの事業所は人気がないから今の利用者さんをつなぎとめておかないと利用者さんを増やすことが出来ない

って言っているのと同じなんだと思うんですよね。

そもそもの発想が間違っていると思います。

そんなことをnoteサイトに書いてみた。

通所や訪問リハビリからの卒業に向けた課題と私的な意見(2)「卒業すると収益が減る」問題

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です