通所や訪問リハビリからの卒業に向けた課題と私的な意見(3)「レベルが低下する」問題

通所や訪問リハビリからの卒業に向けた課題についての第3弾です。

卒業すると「利用者さんの能力が低下するから卒業させられない」って言う声を聞きます。

これってホントなのかな?

病院を退院する利用者さんに対して

退院したらレベルが低下するから卒業させられません

なんてことを主治医に言うリハビリテーション専門職ってあまりいませんよね。

だけど、地域の現場では「卒業したらレベルが低下する」って言う。

なんでそんなことになるのかな?

そんなことをnoteサイトに書いてみました。
通所や訪問リハビリからの卒業に向けた課題と私的な意見(3)「レベルが低下する」問題

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です