地域で働く「覚悟」はあるか!

覚悟を持って地域で働いてほしいなって思います。

地域で働きながら、徐々に覚悟というかスタンスを築いていってほしいなとも思います。

僕も地域に出てはじめて気づいたこと、理解できたことがたくさんある。

そんな中で、色んな覚悟というかセラピストとしての矜持みたいなものを作り上げてきました。

そんな経験を振り返ると、地域リハビリテーションっていうのはある種の覚悟を持って臨む必要がある領域なのだとおもう。

いま覚悟ができてなくても、やがて覚悟を持って臨めるようになってほしい。

そんなことをnoteサイトに書いてみました。

地域で働く「覚悟」はあるか!


(スポンサー広告)

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です