厚労省の考え方と現場のリハスタッフとの考え方のギャップ大きそうだな、大丈夫か?(1)厚労省の考え方の整理

現場のリハビリテーション専門職はどんな方向を向いて日々臨床に取り組んでいるのでしょうか?

対象者の方を何とかよくしたいって気持ちはものすごく理解できる。

だけど、国の方向性って言うのかな?

日本のリハビリテーション業界がどんな方向を向くべきなのかってことをきちんと理解したうえで、自分たちの日々の臨床のあり方を考える必要がある。

協会の役員とか病院のえらいさんたちだけが知っていればいいって問題じゃあない。

何よりも振り返れば、平成16年に痛烈な指摘がされて以来、ことあるごとに色んな指摘を厚労省はしている。

そんなことを臨床のセラピストはどれくらい知っているんだろう?

そんなことをnoteサイトに書いてみた。

厚労省の考え方と現場のリハスタッフとの考え方のギャップ大きそうだな、大丈夫か?(1)厚労省の考え方の整理


(スポンサー広告)

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です