2018同時改定とリハビリ系訪問看護ステーションのこと「連携の実践が必要」

2017年7月の同時改定に向けた第142回社会保障審議会 介護給付費分科会では訪問看護ステーションが主要テーマとして取り上げられました。

この分科会は2016年の7月5日に開催されたのですが、ここで提示された資料に対してリハビリテーション関係者から色々な意見がネットで広がっています。
とくに、リハビリ系訪問看護ステーションのこれからに対して厳しい意見が多くみられます。

以前からブログやnoteに私も書いているのですが、リハビリメインの訪問看護ステーションの運営って言うのは今後も改訂のたびに厳しい環境になっていくと考えています。

だからこそ、改定の情報に注目して、どんな方向に動いていくのかということを考えることは重要なのです。

看護師さんの雇用の確保、医療保険対応の業務の拡大って辺りが重要だととらえています。

そのあたりのことをnoteサイトに書いてみました。

2018同時改定とリハビリ系訪問看護ステーションのこと「連携の実践が必要」


(スポンサー広告)

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です