権威や立場を利用して、総合事業に関わることもある!

最初に書いておくと

セラピストだから他職種や患者さんや家族さんにエラそうにモノを言っていいよ!

ってことを書いているコラムではありません。

普段は謙虚に仕事をしているつもりです。

だけどね、相手に納得してもらうためには立場とか関係性をはっきりさせて関わった方が、上手くいく場合があるということです。

総合事業や地域ケア会議に対して、専門家としてかかわっている理学療法士や作業療法士、言語聴覚士さんは増えつつあります。

お客さんではなく、専門家としてかかわっているなら専門家としての立ち位置らしい振る舞いや言動が求められることがあるはず。

そんなことをnoteサイトに書いてみました。

権威や立場を利用して、総合事業に関わることもある!


(スポンサー広告)

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です