2017年11月の研修会の資料を公開


来週研修会でお話する資料を公開してみます。

研修会は鹿児島県老健協会さんからのご依頼です。

老健で実践すべきマネジメント加算などのお話を中心に、

  • リハビリテーション専門職が実践するマネジメントのこと
  • 活動と参加へのアプローチのこと
  • 地域のセラピストがすべきこと

などと合わせて、報酬改定のことや2025年に向けてリハビリテーション専門職は何をすべきなのかてことをお蔦します。

今年は石川県老健協会、三重県老健協会さんに引き続き老健協会3カ所目となる鹿児島の老健協会さんからのご依頼。老健のセラピストは悩んでいるんですね。

老健協会からのご依頼なので、老健セラピスト向けとしてお話していますが、回復期のセラピストにも知っておいてほしい内容です。

資料を公開しますので、こんなお話聞いてみたい方はぜひご連絡ください。

レジメ公開

このレジメでだいたい研修会は3時間くらいのコースになります。
2時間半くらいお話して30分くらいの質疑応答かな。
2時間の設定では少し足りないです。

まあ、5時間くらいまでなら研修を一人でお話することが出来ます。

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

よろしければフォローしてください

コラム読んでいただいてありがとうございます。

気になる方はぜひフォローしてください。

Twitter
フォロワーさんは100名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは1700名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

私が書くもう一つのコラムサイト
https://note.mu/yamada_ot/

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】


(スポンサー広告)

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です