(動画)厚労省がリハ職に求めていること


ブログを書くだけではなくて、2017年11月から動画配信をしています。

今回の動画のテーマはブログにもよく書いていますが、「厚労省がリハ職に求めていること」 

報酬改定の時くらいしか厚労省に興味を示さないセラピストが多いと思いますが、医療職の多くは厚労省の考え方にその行動が左右されるのです。

リハ職については、平成16年の報告書や平成27年の報告書で、高齢者のリハビリテーションの方向性といったものが明示されています。

報酬改定のタイミングでも働き方みたいなものが示唆されています。

そんなことを知ったうえで、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士としての職務を遂行すべきだと考えているので、動画で吠えてみました。

興味ある方は動画を掲載しているnoteサイトをご覧ください
https://note.mu/yamada_ot/n/nf12af4743fc9

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

よろしければフォローしてください

コラム読んでいただいてありがとうございます。

気になる方はぜひフォローしてください。

Twitter
フォロワーさんは100名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは1700名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

私が書くもう一つのコラムサイト
https://note.mu/yamada_ot/

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2018年同時改定直前マガジン
 
 

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です