【2018同時改定】3割負担とか市町村のインセンティブとかのこと

最近新聞でちらほら出ているので、少し書いておきます。

平成29年(2017年)介護保険法改正

平成29年介護保険法改正なんです。

ご覧になっていますか?

2割負担が3割負担になるとか、要介護状態が改善した市町村にはその分インセンティブとして財政的な付与があるとかっていう話はこの改正を基にしています。

地域包括ケアシステムの強化のための介護保険法等の一部を改正する法律

なんだそうです。

いつも書いていることですが、まずしっかりと資料を確認しましょう。

国の方向性

リハビリテーション専門職は診療報酬とか介護報酬とかでお金を稼ぐ仕事です。

だからこういった国の方向性とか厚労省の考え方とかに収入は左右される傾向にあります。

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の方のそれぞれの働き方に対しての考え方はいろいろあるでしょうけど、国の方向性を無視して働くことはできません。

医療・保健・福祉などの領域で理学療法士や作業療法士、言語聴覚士という資格でお仕事するなら、こういった資料にはきちんと目を向けましょう。

気に入ったらフォローしてください

Twitter
フォロワーさんは150名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは1900名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

私が書くもう一つのコラムサイト「note」
フォロワーさんは200名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2018年同時改定直前マガジン
 
 

(スポンサー広告)

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です