【2018年同時改定】入院医療の議論(その8)が出ました

診療報酬改定議論で多くのリハビリテーション専門職が注目する、回復期リハ病棟に関する方向性が少し出てきました。具体的な報酬に関する数字は出ていません。

実績評価

実績による評価っていうのかなアウトカムって言うほうがいいのかな、そういったものがますます強調されていますね。

基本の部分+実績による評価

厚労省へのリンク

具体的な数値はこれから出てきます。

いつも書いていますが、すべてが決まってからの行動では遅いんです。だから、今の時点からきちんと資料を読みこなす必要があります。特に管理職の方は自分たちの所属する部署の方向性をある程度考えていくためにも、資料ご覧ください。
中央社会保険医療協議会 総会(第376回) 議事次第

ここに掲載されている

が2017年12月8日時点での最新の入院医療に関する最新の議論です。

ここから議論は加速していきます。

SNSでもいろんな情報が飛び交うと思うけど、基本は厚労省のサイトチェックですよ。

情報の入手が苦手な方はぜひフォローしてください。

気に入ったらフォローしてください

Twitter
フォロワーさんは150名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは1900名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

私が書くもう一つのコラムサイト「note」
フォロワーさんは200名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2018年同時改定直前マガジン

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと
 
 

(スポンサー広告)

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です