平成30年度介護報酬改定に関する審議報告が出ました(2017.12.18)


介護給付費分科会から2018年同時改定となる介護保険の基本的な方向性が審議報告として出されました。

今後はこの方針に沿ってより具体的な数字が議論されることとなります。

地域リハビリテーションに関わる方はザーッとでもいいからファイルに目を通すことをお勧めします。

とりあえず読んどけ!

平成30年度介護報酬改定に関する審議報告(PDF:675KB)

リハビリテーションのこと

介護報酬に関しては、これまでの議論を見ていると同時改定という割にはインパクトがないって感じがしています。

リハマネ加算2や生活行為向上リハ実施加算が新設された前回の改定の方が個人的には大きな変化だって感じました。

今回の改定では

  • 介護予防にもリハマネ2や生活行為向上の拡大
  • 退院後のケースとの連携
  • 通所リハ・訪問リハ事業所のスタッフの他事業所との連携
  • 訪問看護からのリハの看護の関わり
  • 通所の時間区分の変更

こういったポイントがあります。

ある程度は予想の範囲内って感じです。

これからもっと細かな議論が進んでいくのでどうなるかわからんけど随時資料の紹介や、個人的見解を当サイトで公開しますので、興味ある方はフォローしてください。

少しは心構えと準備荷役経つと思いますよ。

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

気に入ったらフォローしてください

Twitter
フォロワーさんは150名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは1900名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

私が書くもう一つのコラムサイト「note」
フォロワーさんは200名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2018年同時改定直前マガジン


 

(スポンサー広告)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です