通所系サービスだからできる!!活動と参加へのアプローチ「やってみたいことを開発する!」

病院のリハビリ、訪問によるリハビリ、通所でのリハビリ、いろんな場所でいろんな時期のリハビリテーションが行われている。

しかし、2018年1月現在「場所」「時期」に関係なく活動と参加へのアプローチは実践されるべきだ。

だけど、それぞれの現場で働いた経験から言わせてもらえるなら、なんといっても通所での現場の方が活動と参加へのアプローチは行いやすいと思っている。

病院には病院のメリットとデメリットがあり、訪問には訪問のメリットとデメリットがある。

そして通所には通所のメリットとデメリットがあるのである。その通所のメリットの一つが活動と参加へのアプローチがやりやすい条件が整っていることだと思っている。

簡単じゃあない!

通所だと有利だと思っている。

だからといって通所を利用している利用者さんに対して

「やってみたい活動とか、取り組んでみたい目標はありますか?」

って聞いたところですぐに答えは返ってこないだろうし、おおくは

リハビリしてくれ!

ってなるでしょう。

それでもね、訪問での取り組みに比べると通所の方が活動と参加へのアプローチには向いていると思うわけだ。

そのあたりの僕の考えをnoteサイトに書いてみました。

通所系サービスだからできる!!活動と参加へのアプローチ「やってみたいことを開発する!」

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です