これからの退院前カンファレンス

回復期リハビリテーション病棟を退院した後の生活を見越して、病院でのリハビリを実施することの重要性が増してきています。

退院前カンファレンスはそのためにもものすごく大事な意見交換の場です。

たんに病院で理学療法や作業療法の場面で何をしているのかってことの報告だけでは、退院前カンファレンスで提供する情報としては不十分だってことになってきました。

2018年同時改定においては

退院時の病院が立案しているリハ計画をそのまま介護保険の通所リハや訪問リハの開始時の情報として利用することになりました。

病院で記載されている目標や評価が妥当であれば、その情報を基にして退院後のリハビリが開始される。

だからこそ退院前カンファレンスはものすごく重要。

そんなことをnoteサイトに書いてみました。

これからの退院前カンファレンス

気に入ったらフォローしてください

Twitter
フォロワーさんは150名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2000名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

私が書くもう一つのコラムサイト「note」
フォロワーさんは200名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
友だち追加
ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2018年同時改定直前マガジン


 

(スポンサー広告)

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です