地域で必要なのは1人前の普通のセラピスト!!誰もスーパーセラピストなんて期待していない

地域で働いていると

  • まだまだ経験が浅いので訪問なんてまだまだ・・・
  • すごいですね一人であちこち行かれて・・・

って声を聴くことがあります。

いやいや、私普通の作業療法士ですから。

なんだか凄い人たちだけが地域リハビリの世界に飛び込んでいると勘違いしている病院セラピストがたくさんいるようです。

世間ではすごいセラピストが求められているわけではありません。

むしろもっとたくさんの普通のセラピストがたくさん地域に出てこないことには、生活期のリハビリテーションはやがて行き詰るでしょう。

そうしてその行き詰った領域へは看護師さんとか介護職の方がフォローするようになり、理学療法士や作業療法士や言語聴覚士への期待はなくなっていきます。

そんなことをnoteのマガジンにに書いてみた

地域で必要なのは1人前の普通のセラピスト!!誰もスーパーセラピストなんて期待していない

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

気に入ったらフォローしてください

Twitter
フォロワーさんは150名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2000名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

私が書くもう一つのコラムサイト「note」
フォロワーさんは200名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
友だち追加
ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変えるマガジン


(スポンサー広告)

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です