聞いている音楽は何ですか?

イマドキ、イヤホンやヘッドフォンで音楽を聴いている高齢者はいるんです。

リハ室で、雑誌を読んでいる患者さんや利用者さんがいても、何も気にせずそのままその日の訪問や通所のメニューを始める。

音楽を聴いている人がいるのに、その日の評価を始める。

訪問先に絵がいっぱい飾ってあるのに、可動域訓練をすぐに始める。

そんなアプローチばかりしているセラピストがいるから、活動と参加へのアプローチなんてできないのです。

通所でリハ職がいない職場でも、利用者さんの興味や関心のあることに目を向けるべきです。

回復期リハ病院でも、もっと利用者さんの個別性に踏み込むべきです。

ましてやイヤホンで音楽聞いている人が目の前にいるのに、そこに目を向けないで黙々とリハビリしてたって意味がない。

そんなことをnoteに書いています。

聞いている音楽は何ですか?

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

気に入ったらフォローしてください

Twitter
フォロワーさんは150名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2000名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

私が書くもう一つのコラムサイト「note」
フォロワーさんは200名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
友だち追加
ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変えるマガジン


(スポンサー広告)

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です