退院後の生活の「安全」と「危険」の境目のこと

安全か危険かの判断を求められることが地域リハビリの場面ではよくある。

だけど、神様でもないし預言者でもないから「100%の保証」なんてできない。

偶発的に転倒するという危険性は誰しもが持っているからだ。

また、

利用者さん自身が、自分ではリハビリのつもりで頑張ろうと実践していることが、周囲の医療従事者の目から見ると「危険なことを一人でやっている、高次脳機能に何かの問題があるのかも」ってことになることもある。

退院後の生活をどう考えていったらいいのかなあ?

そんなことをnoteサイトに書いてみた。
退院後の生活の「安全」と「危険」の境目のこと

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

気に入ったらフォローしてください

Twitter
フォロワーさんは200名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2000名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

私が書くもう一つのコラムサイト「note」
フォロワーさんは200名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
友だち追加
ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変えるマガジン


 

(スポンサー広告)

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です