「多様なリハビリテーションのあり方」のこと

先日noteサイトにこんなコラムを書きました。
「触らないリハビリテーション」の研修会で伝えたいこと

触らないリハビリテーションという考え方に共感してくれた、担当者さんの熱意で大阪、名古屋、東京で研修会をさせていただきます。

詳細については、研修会を受講していただくか、有料ですが私のもう一つのコラムサイトをご覧ください。

研修会
http://www.nissoken.com/s/14730/index.html

もう一つのコラムサイト
https://note.mu/yamada_ot

ただ、「触らないリハビリテーション」っていう表現は、かなり誤解を招きます。私に対してもいろんなご意見が寄せられています。

多様なリハビリテーション

「触らないリハビリテーション」というのは、ただ触らないことだけを実践するということではありません。

従来の病院で実践されているような「触るリハビリテーション」だけでの関わりには限界を感じています。

自分の手技や技術に限界を感じているのではなく、従来の心身機能に偏重した病院リハビリテーションのスタイルは、2025年に向けた地域包括ケアシステム時代にはマッチしないと考えています。

だから、あえて「触らないリハビリテーション」という表現をすることで、リハビリテーションに関わっている理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の人たちに2025年に向けたリハビリテーションについて考えてほしいと思いました。

2025年に向けて必要とされているのは

多様なリハビリテーションのあり方
なんですよ。

心身機能の改善だけにこだわるのではなくて、下記のような関わりが必要なのです。

そういったことを伝えることのできる研修会になればいいなと思っています。

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

気に入ったらフォローしてください

Twitter
フォロワーさんは200名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2000名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

私が書くもう一つのコラムサイト「note」
フォロワーさんは200名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
友だち追加
ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変えるマガジン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です