退院後の生活を考えたリハビリテーションのこと レジメ公開

11月中旬に香川県の病院さんの院内研修会を依頼されました。

私が講師を務める日総研さんのセミナーの案内をご覧になった理学療法士さんが院内の稟議を通してくれたようです。

ちなみに日総研のセミナーはこちら
日総研セミナー

講師を依頼するということ

いろんなところでいろんなセミナーが開催されていますよね。

理学療法士や作業療法士、言語聴覚士向けのセミナーなら1万円オーバーの研修会も多い。

遠方での開催であれば、交通費もかかるし場合によっては宿泊費もかかる。スタッフ2人行かせるなら費用は2倍となる。

そのうえ、受講した研修会の院内での報告会は受講者の力量によって伝わり方が異なる。

それなら、講師を呼んじゃって院内研修を開いちゃった方が安上がりで効果的じゃないかなって発想をしてくれたんだと思います。

院内研修だと会場は確保しやすいし会場費用無料だからね。

私の場合は、講師謝金は1時間10000円~15000円くらい、プラス交通費で行きます。講演時間と場所にもよりますが、10万円もかからないですね。5~7万円くらいかな。

1万円オーバーの研修会に地方の病院のスタッフを交通費病院持ちで2人くらい送り込んで研修報告させるくらいなら、同じくらいの費用負担で講師呼ぶ方が効率的。

予定している講演のレジメ

今回お招きいただく研修会のレジメは、こちら。
研修会レジメ(PDFが開きます)
ダイジェスト版となっています。

お伝えする内容はもう少し充実しています。

院内リハビリテーションと訪問リハビリを提供している病院さんでお話する予定です。

生活期で働いている作業療法士が考える、退院後の生活を考えた病院・訪問リハビリについてお話させていただきます。

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
⇒⇒講演依頼のこと

気に入ったらフォローしてください

Twitter
フォロワーさんは200名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2000名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

私が書くもう一つのコラムサイト「note」
フォロワーさんは200名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
友だち追加
ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
生活期リハの視点で病院リハと地域リハをつなぐ・変えるマガジン


 

(スポンサー広告)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です