コラム

10年目くらいの管理職は誰から学ぶ?

若手が山のようにいるリハビリテーション業界。10年くらいの経験がある理学療法士や作業療法士、言語聴覚士がその病院のリハビリテーション部門のトップであるという病院も多い。この職種がまだまだ成熟していないことを表していると思う。じゃあ、そのトップの10年目はだれから学べばよいのでしょうか?ということを書いてみた。

お金とか結婚とか人生とかの話

貯金とかしてますか?

私の嫁さんは私と付き合い始めるまでは貯金がありませんでした。お金を貯める理由がわからなかったようです。このホームページは比較的経験の浅いセラピストの方がご覧になったおられるのですが、若いセラピストの皆さんにとっては、これからの人生のイベントでお金がかかりまくりなんですよ。結婚とかマイホームの購入とか子育てとか結構いろいろあります。このコラム執筆時点で44歳の私にとっては老後のことも少し視野に入りつつあります。

コラム

新人その7 新人の基本「報告・連絡・相談(ホウ・レン・ソウ)活用法」

新人研修で必ず教えられる「報告・連絡・相談」いわゆるホウレンソウ、いったいいつまで続けないといけないのでしょうか?どこまで報告する必要があるのでしょうか?リハビリテーション現場ではおろそかにすると患者さんの状態が悪化することにつながります。20年以上現場一筋で働いている作業療法士が新人・若手セラピスト向けにまとめた新人・若手向けシリーズの第7弾です。

コラム

リスク管理 新人その6 「新人がすべきこと 3」

医療現場では必要なリスク管理。具体的にはどのようなことに気を付けるべきなのでしょうか?新人が知っておくのは、トラブルが発生したらどのように報告すべきかってことなんですよね。対象者を傷つけないことも大事ですが、自分の身を守ることはもっと大事、20年以上現場一筋で働いている作業療法士が新人・若手セラピスト向けにまとめた新人・若手向けシリーズの第6弾です。