【活動と参加へのアプローチ】 病院セラピストがやらなければ、誰がするの?

2015年の介護報酬の改定で生活行為向上リハ実施加算が新設された。介護予防とか日常生活総合支援事業においても都道府県単位でPTやOTの研修会が行われている。

だから「活動と参加」って言うと生活期とか維持期で実践するというようなイメージを持っているセラピストが多いんじゃあないだろうか。

もし活動と参加=生活期とあなたが考えているならそれは間違い。

厚労省もそんなこと言っていません。むしろ、急性期や回復期でも活動と参加を見据えたアプローチをすべきといってます。
以下の文書は厚労省のサイトより引用。

活動と参加の第一歩

活動と参加に回復期でアプローチするには、目標設定のプロセスがものすごく重要になってくる。

リハビリテーション実施計画書をだれが作っていますか?

セラピストがパソコン入力して、印刷したものを説明してハンコ押してもらって、あとはカルテの中にいれっぱなしになっていませんか?

その目標をきちんと本人や家族が理解していますか?

もっというなら、目標設定のプロセスに本人や家族は関与していますか?

その目標は利用者さんが望んでいる目標ですか?それともセラピストが望んでいる目標ですか?

リハビリテーション実施計画書をきちんと作成することが、活動と参加へのアプローチの第一歩なんです。

そんなことをノートサイトに書いてみました。

【活動と参加へのアプローチ】 病院セラピストがやらなければ、誰がするの?


(スポンサー広告)

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です