訪問あるある2「ワンちゃんは勘弁してください」

動物アレルギーをお持ちのセラピストや、犬や猫が苦手な訪問看護、訪問リハビリスタッフは多いと思います。みんなどうしているのでしょうか?
カルテの最初のページに「犬 1匹」とか『柴犬いてる』とか書いておいてほしいって思っているのは僕だけじゃあないはず。


(スポンサー広告)

犬が苦手なんですよ

利用者さんの前ではなるべく「いぬ」という表現は控えています。「わんちゃん」というようにしています。

利用者さん曰く「犬は、家族やからね」っていう方が多いからね。僕は幼少時の体験をひきづっているので、ワンちゃんは苦手です。

ワンちゃんは苦手です、でも40超えた大人なのでワンちゃんがいる訪問先でもきちんと訪問します。でも、別室に移動させておいてくれたら大変うれしいです。
気を使っていただける利用者さんは別室に移動しておいてくれるのですが、小型犬は常にあちこちをうろうろしているところが多いかな。

私の方から、

「出来ればワンちゃんは別室にしていただけませんか?」

とは言ったことはない。利用者さん次第。

おなか見せてくれるんだけど

ある訪問先の柴犬は、いつもおなかを見せてくれます。マンションの玄関を開けると、廊下でいきなり横たわっておなかを見せてくれます。

それをまたがないと廊下を通れません。利用者さん曰く

「山田さんのこと気に入って、なでてほしいんやで」

いやいや、なでたりできませんよ。だからワンちゃんをまたいで廊下を進んでいきます。

攻撃的ポメラニアン

あるお家のポメラニアンは、最近は年齢的なこともありほとんど寝ています。
だけど、訪問初期の頃はけっこう元気で、いつでも僕に向かってきていました。

家族以外の人はけっこう噛まれることもあるということで、いつでも奥さんが抱っこしてくれていました。

だけどある日、奥さんから

「来週私が出かけてて、旦那1人になる。息子の嫁さんが当初は来てくれるはずやってんけど、山田さんのリハビリの時間には間に合わない。だからリハビリキャンセルするわ」

リハビリ中の旦那さんでは、ポメラニアンを制御できない。お嫁さんなら抱っこしておけるんだけど間に合わない。だから私へ被害が及ばないようにリハビリをキャンセルするという。

やまだの訪問史上初の「利用者本人は在宅しているけど、家族不在で犬を制御できないからキャンセル」

キャンセルとさせていただきました。

みんなどうしてる?

僕は我慢しています。

今のところ訪問先で噛まれたこともないしね。追いかけられたことはあるけど。

せめて心の準備がいるので、カルテには「ペットの有無」を作ってほしいとあちこちで提案しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です