病院のリハビリと「活動と参加」と「退院後の生活」


病院のセラピストは、退院後のリハビリテーションことをどう考えているのかな?

2025年問題や地域包括ケアシステムって言うキーワードを聞いたことがあっても、それが自分たちの病院リハビリテーションの業務に関係ないと思っているセラピストたちも多いのではないでしょうか?

なんだか病院のリハビリテーションと生活期のリハビリテーションは別物だと考えているんセラピストが多いのが現状だ。

だけどね、患者さんの側から見れば、病院のリハビリテーションから始まって退院後の生活期といわれるリハビリテーションは「続き」のもんだと考えているはず。

それなのに、実施する側のリハビリテーション専門職は「続き」であること言うことの意識が薄い。

2025年に向けて大きく変わらないといけないのは、やっぱり病院のリハビリテーション専門職なんだってことをnoteサイトに書いてみた。
病院のリハビリと「活動と参加」と「退院後の生活」


(スポンサー広告)

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です