回復期リハビリと地域リハビリのバトンをつなぐ3 「とりあえず50人くらいなんです」

回復期リハビリと地域リハとのバトンをつなぐってことの第3弾。前回まで同じようなことを書いているのですが、今回もその続き。


(スポンサー広告)

やるべきことは簡単なんですよ

そうバトンをつなぐために実践すべきことはとてもシンプル。

回復期リハビリと地域リハビリ領域の知り合いを増やすこと

これだけだ、職種は問わない。

医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、相談員、ケアマネ、介護、福祉用品、どんな職種でもいいからとにかくつながることが大事なんですよ。

そのためには、とにかく会うこと。サービス担当者会議でも退院前カンファレンスでも何でもいい。

とにかく会って名前を覚えてもらうこと。そうすればつながる。

とにかくまずは50人くらい

とりあえず50人くらい。

スマホに登録してメールや電話が直接できる状態になれば、すこしはバトンのつながりが良くなる。

担当者会議や退院前カンファレンスで名刺交換。名刺交換したら、お礼の電話かメールを出せば印象に残るし記録に残る。

そうすれば次からの連絡や情報交換もやりやすくなる。

そんなに多くの人と知り合う必要はない。

まず50人、スマホに登録してみよう!

あなたのスマホにはどれくらいの人数が登録されていますか?

難しく考える必要なんて全くない、行動するだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です