同時改定後、新しい一歩を踏み出したいリハ専門職必要なこと


同時改定があったからといっても、日常的な業務に流されてしまって結局去年や一昨年と変わらない日常を過ごしているセラピストが多いのではないでしょうか?

いつもと変わらない日常業務をこなしながらでもお給料をもらえるというのは、非常勤掛け持ちセラピストの僕から見ると大変うらやましいお話です。

厚労省的には制度を改定したり、地域包括ケアシステムといってみたりしてそれらに従事する医療関係者やリハビリテーション専門職に対して、新しいことへの取り組みを促しています。

だけど、業務として日常的にそのようなことに取り組んでいるリハビリテーション関係者はかなり少ないのではないかと思うわけです。

それでも、今のままではだめだから何とかしてみたいと考えている理学療法士や作業療法士、言語聴覚士は少なからずいるのではないかと考え、新しい一歩を踏み出い姿態セラピストのために少し書いてみた。

新しい一歩を踏み出したい方はお読みください。
同時改定後、新しい一歩を踏み出したいリハ専門職必要なこと

2018年4月開催の研修会のお知らせ
2018年4月研修会 2018年トリプル改定から考える「2025年に向けて実践すべきリハビリテーション」

気に入ったらフォローしてください

Twitter
フォロワーさんは150名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2000名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

私が書くもう一つのコラムサイト「note」
フォロワーさんは200名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
友だち追加
ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2018年同時改定直前マガジン


 

(スポンサー広告)

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です