コラム4 連携は「不安の分散」であり「責任の共有」でもある

コラム3では連携で重要なのは情報共有である。ということに加えて、相手側に委ねた後はどうしようもないということを書きました。

連携する相手側の行動をこちらはコントロールできないからです。

じゃあなぜコントロールできない相手と連携していくのかって言うと渡地たちが関わっている対象者さんの利益のためってのが大きな理由ですが、それだけではないのです。

それが、タイトルにもある「不安の分散」というか「不安の共有」なんですよね。

作業療法士として自分一人で何でも解決できるような、スーパーセラピストでもないしゴッドハンドを持っているわけではありません。だから日々不安も抱えながら仕事をしています。

そんな不安を軽減させたいから連携しているという一面があります。

そんなことをnoteサイトに書きました。
コラム4 連携は「不安の分散」であり「責任の共有」でもある

こんなお話をリアルに聞いてみたい方はこちらからどうぞ
講演依頼のこと

note

作業療法士のやまだが全力でお届けしている「コラム」「動画」「講義資料」満載のnoteサイト
2021年版note
https://note.com/yamada_ot/m/m94135b67f4bc

2021年1月にスタートしました。2021年12月までどんどんコンテンツを掲載していきます。

2020年版note
https://note.com/yamada_ot/m/m1f991727b13b

2019年版note
https://note.com/yamada_ot/m/m0cbce4fae6d2

お知らせ

ネットを使って学ぶことができます!
やまだリハビリテーション研究所が全力でお届けする「新しい学びの形」

フォローしてね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です