訪問看護ステーションからのリハビリの制度見直しの「看護協会の要望」についての個人的見解

2018年同時改定に向けて看護協会が厚労省に要望を提出したことを当ブログにも書いた。
訪問看護ステーションからのリハビリテーションについて看護協会が要望を出した

その要望書は僕的には妥当なものだととらえています。

この要望をご覧になったリハビリテーション専門職がどんな感想を持とうが自由。

だけど、この要望を無茶な要望だとかこんな要望出さないでほしいって思っているならリハビリテーション専門職として先を見る目がないと思います。

制度的にも看護協会の要望は妥当だと考えています。

リハビリテーション系の訪問看護ステーションはステーションとしてはいびつな構造になっていることを自覚してほしい。

そんなことをnoteサイトに書いてみました。

⇒⇒訪問看護ステーションからのリハビリの制度見直しの「看護協会の要望」についての個人的見解


(スポンサー広告)

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です