わずか25%しか実践していない通所リハの役割

2018年の同時改定に向けていろんな資料が厚労省で公開されて議論されている。

そんな中こんな資料が公開された。

実施している事業所がわずかに25%という結果。

本来なら100%近くの事業所が実施する必要があるはずなんだけどねえ。

それなのに25%ってどういうことなんだ。

老健には通所があるんだけど、老健でも実施していないなら老健はこの先衰退するだろうな。

そんなことをnoteサイトに書いてみました。
わずか25%しか実践していない通所リハの役割


(スポンサー広告)

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です