「訪問リハって壁使うよね」ってことを改めて認識した


2018年度からは2カ所の通所介護事業所でお仕事しています。

どちらの事業所も真ん中にテーブルがあり、壁際にマシンが置かれています。

週1回出勤して、利用者さんの評価やプログラムの検討しています。

壁がいるんですよ

ここ10年くらいはメインは訪問看護ステーションからのリハでした。

訪問先でリハビリするときに、バランスの練習とかスクワットすると時には壁を使ったり、廊下の手すり使ったりしてました。

壁に手をついて歩くとか、壁を使って立位で腕立て伏せしたりとか、壁にもたれてしっかり背中を伸ばすとかね。

とにかく訪問では壁を積極的に活用するんですよ。

おれだけ?

いやきっとみんな使ってるはず。

通所介護

居宅でリハビリすることに慣れていると、通所介護のスペースはかなり広い。

老健で7年くらい働いていたときは

「単独型の通所介護って狭いなー」

って感じでしたが、訪問リハ10年以上やっていると、通所介護って広いなって感じてきました。

まあそんな通所介護でね、評価とかプログラム立案とかするんだけど、「壁」がないのよ。

壁際にはマシンがあって、棚があって、事務机やテレビがあったりする。

その隙間にある壁を見つけて、壁にもたれて背中を伸ばすとか、腕立て伏せとか試したりしています。

歩く練習するとか、障害物よけながら動くとかって練習はやりやすいし、ボールとかも置いてあって便利。

だけど僕には壁が必要なんですよ壁が!

きっとほかの職員さんには

「壁好っきゃな―」

って思われてるやろな。

まあそんな感じで働いております。

2018年4月開催の研修会のお知らせ
2018年4月研修会 2018年トリプル改定から考える「2025年に向けて実践すべきリハビリテーション」

気に入ったらフォローしてください

Twitter
フォロワーさんは150名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2000名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

私が書くもう一つのコラムサイト「note」
フォロワーさんは200名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
友だち追加
ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2018年同時改定直前マガジン


 

(スポンサー広告)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です