病院リハで「お茶を入れよう」「ゴミ捨てしよう」「扉を開けよう」「片付けしよう」

病院リハで「ごみをごみ箱に捨てる」練習とかするんかな?

訪問でリハビリしてるときには時々ゴミ箱にごみ捨てるんですけどね、上手に捨てられない人もいます。

ベッドまわりに何でもある患者さんならベッドサイドに落とすだけで捨てられるんだけど、それじゃあ生活範囲は拡大しないからねえ。

更衣動作のさらに先、行為動作の自立へ
このコラムでも書きましたが、退院後の生活を見越したADLへの関わりが必要なんだ。

単発の動作練習では在宅生活は向上しないのと同様に、病院で想定していないことが多いと在宅生活は不便になる。

不便だと動かなくなり、不活発になる。

だから、もっと多くのことを想定したリハビリテーションの実践が病院では必要になる。

そんなことをnoteに書いてみました。

病院リハで「お茶を入れよう」「ゴミ捨てしよう」「扉を開けよう」「片付けしよう」

2018年4月開催の研修会のお知らせ
2018年4月研修会 2018年トリプル改定から考える「2025年に向けて実践すべきリハビリテーション」

気に入ったらフォローしてください

Twitter
フォロワーさんは150名くらいです
https://twitter.com/yamada_ot_labo

Facebookページ
フォロワーさんは2000名くらいです!
https://www.facebook.com/yamada.reha.labo

私が書くもう一つのコラムサイト「note」
フォロワーさんは200名くらいです!
https://note.mu/yamada_ot/

やまだリハビリテーション研究所のLINE@を開設しました
友だち追加
ID検索の場合は
@yamada-ot.com
(@を含めて検索してね)

【↓↓週末にゆっくり読んでみてください↓↓】
2018年同時改定直前マガジン


 

(スポンサー広告)

新しい学びの形を届けます
やまだリハビリテーション研究所noteサイト

2018年同時改定や2025年問題、地域包括ケアシステム、子どものリハビリテーション、そんなテーマでさらに価値あるコラムを書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です